マンション投資のリスク

マンション投資のメリットは様々ありますが、

 

リスクが全くないわけではありません。

 

 

 

 

マンション投資には鈍根リスクが存在するのか考えてみます。

 

 

 

 

 

 

◆金利上昇リスク

 

ローンを利用してマンションを購入した場合には、金利上昇によるリスクが伴います。

 

現在は低金利の時代と言えますが、いつ金利が上がるか分かりません。

 

 

そんな時に不安になるのが一般的に利用されている変動金利での金利上昇です。

 

そんな時には二つの検討方法が存在します。

 

 

まずひとつ目は、
変動金利を固定金利に切り替えることで、支払金額の上昇を抑える方法です。

 

 

 

現在は固定金利より変動金利の方が適用金利が低く設定されています。

 

しかし、過去には短期固定金利の方が変動金利よりも金利が低く設定されていたこともあります。

 

その時代と利用しているローンの特性を見極めながら検討すると良いでしょう。

 

 

もうひとつは、繰り上げ返済をすることです。

 

 

勿論、自己資金に余裕がある場合にはです。

 

金利上昇に対して効果を求める場合には、
毎月の支払額を抑える繰り上げ返済が有効ですが、

 

早期のローン返済を目指す方法として、返済期間を短縮する繰り上げ返済の方法もあります。

 

 

◆地震・災害によるリスク

 

 

地震や災害は回避することは不可能です。

 

そこで建物として如何に地震や災害に対して強固でメンテナンス性に優れているかが重要で、

 

しかし、過剰な設備でコストパフォーマンスを悪くしないかが必要です。

 

 

現在、行政では自然災害に強い計画を立案し、実行しつつあります。

 

そのため、より地震や災害に強いマンション建設がおこなわれたり、
強度・耐震性を高める耐震工事が施されたりしています。

 

このようなマンションを選ぶことが地震や災害のリスクを軽減させる重要なポイントになります。

 

 

 

◆空室リスク

 

新築マンションは、最新設備が盛り込まれているなど、
比較的賃貸募集がしやすいのですが、中古マンションでは、設備が古いなどの問題で、
なかなか借り手が見つからない場合もあります。

 

 

また、そのマンションがどこにあるかという立地の問題で借り手が見つからない場合もあります。

 

 

このように中古マンションの場合には、
設備などがリフォームされているかや、商業施設や学校、企業などが多い都市部など立地条件の良い物件を購入する必要があります。

 

そのためには最初に物件を選ぶ時に、その物件のある地域を十分調査し、納得できる物件以外は購入を控えることも大事です。

 

 

◆資産価値・家賃の下落

 

資産価値の下落については、注意する点がふたつあります。

 

先ずは建物の資産価値の下落です。建物は風による老朽化は避けることができません。

 

税務上の概念でも価値が目減りして行きますので、適切な修繕で劣化を修復する必要があります。

 

そのためにも修繕積立金をしっかりと貯蓄して行くことが重要です。

 

 

もうひとつは不動産としての土地の価格です。

 

その土地が利用価値として最大限活かされているかが大切で、建物物の利用目的と併せて考える必要があります。

 

 

また、家賃の下落に対しても考える必要があります。

 

これは空室リスクと同じように、
設備などの充実や、商業施設や学校、企業などが多い都市部など立地条件などが大きく影響してきます。

 

売買対象としては老朽化などにより不動産価値が下がってしまっても、賃貸用としての不動産価値は下がらない場合もあるのです。

 


マンション投資が上手くいく秘訣は物件にあり!

マンション投資は、インカムゲインが重要ですが、

その為には、空き室が出ない投資戦略をたてる必要があります。

秘訣は沢山あるのですが、詳しくはこちらのサイトに登録して物件をじっくり眺めてみてください!

ヒントは沢山隠されていますよw

なぜオススメ物件?