マンション投資のメリット ■私的年金効果■

マンション投資のメリットのひとつとして、

 

私的年金効果が挙げられます。

 

 

 

 

 

少子高齢化が進む中、年金支給年齢の引き上げや、
年金支給額の切り下げがおこなわれ、

 

更には高齢者への医療費、介護費用の個人負担の増加など、
老後の不安要素は現実化している状況にあります。

 

 

 

 

年金支給年齢が65歳に引き上げられたにもかかわらず、
定年年齢はほとんどに企業が60歳のままで、

 

年金支給年齢に達するまでは、
預金を切り崩して生活することになってしまいかねません。

 

 

 

 

また、少子化の影響で労働人口が減少するのに対し、
高齢化により高齢者の数は増加することから、公的年金の破綻さえ予想され、
公的年金だけでは豊かな老後を迎えることはできそうにありません。

 

 

 

2015年には4人に1人が65歳以上になることがわかっていて、
公的年金だけで老後を過ごそうとすることは、リスクが高いことは明らかです。

 

 

 

このように公的年金への不信感や、長引く不況の影響で、
老後へ向けて十分な蓄えができていないなど、将来に対する不安を感じている人が増えて、
日本版401Kと言われる確定拠出年金の導入など“私的年金”という考え方が今後益々主流になって行くことが予想されます。

 

 

 

 

 

そんな中で若いうちにマンションの一室をローンで購入し、
定年までに完済して定年後は家賃収入を私的年金の形で手にしようとする人が増えています。

 

 

 

私的年金といえば生命保険会社の個人年金もありますが、
月々の保険料の支払いは給与所得の中から支払うため、家計の負担になるなりますが、
マンション投資の場合には、住宅ローンの返済は家賃収入で賄うことができるので家計への負担は有ってもごくわずかです。

 

 

 

 

 

マンションの購入価格自体は不動産相場の下落に伴い以前の水準に比べ大幅に値下がりしています。

 

しかし、賃貸マンションの家賃は、それほど大きな変化はなく安定しているので、年4~5%以上の利回りを可能にしています。

 

 

 

投資としてはもっと大きな金額を手にする事ができる投資も存在しますが、
その分リスクも高くなってしまい、場合によっては資金の全てを失うことも考えられます。

 

 

しかし、それらに比べリスクが少ないのがマンション投資のメリットでもあるため、
確実に利益を得ることができると言えます。

 

 

また、他でも詳しく説明させて頂きますが、マンション投資には節税効果があり、
それも考慮すると、6~8%以上の高い利回りも期待できます。

 

 

低金利時代の現在において、
最も有利な資産運用の方法のひとつと考えられます。


マンション投資が上手くいく秘訣は物件にあり!

マンション投資は、インカムゲインが重要ですが、

その為には、空き室が出ない投資戦略をたてる必要があります。

秘訣は沢山あるのですが、詳しくはこちらのサイトに登録して物件をじっくり眺めてみてください!

ヒントは沢山隠されていますよw

なぜオススメ物件?