マンション投資と他投資商品比較

マンション投資を行う目的は、

 

所有するマンションを賃貸して

 

「家賃収入を得る」インカムゲインにあります。

 

 

 

 

以前、バブル全盛の頃には、不動産を売って差益を得るキャピタルゲインが主流でした。

 

土地転がし」なんて言う言葉を耳にしたのもこの時代のことです。

 

 

この頃の不動産は、一晩明けると数倍になったと言われていました。

 

 

しかしバブルがはじけ、不動産の価格は止まるどころか、下がりはじめてしまったのです。

 

 

現在はその価格は安定している分、
一頃のようにキャピタルゲインを狙うことは困難になっています。

 

 

 

この家賃収入は、
低金利の時代の新たな預貯金の運用先として行うことができ、投資商品の中では長期収益商品と言えるのです。

 

 

長期収益商品としてはその他に、

 

普通・定期預金、個人年金保険、国債などがありますが、

 

いずれも金利は低く、老後のための資金運用には物足りなさを感じてしまいます。

 

その一方で投資商品の中には短期収益商品があります。

 

 

その中には、株式投資、FX投資、先物取引などがあり、
預金や個人年金、国債に比べ、高い利益を得るチャンスはありますが、
その分リスクが高いので、資産を減らしたり、全てを失う可能性も秘めています。

 

 

これら長期・短期収益商品を比較してみると以下のことが分かります。

 

 

・速効性(すぐに利益が見込めるか)

 

 長期収益商品:低い
 短期収益商品:高い

 

 

・継続性(安定的に利益が見込めるか)

 

 長期収益商品:高い
 短期収益商品:低い

 

 

・柔軟性(即時対応できるか)

 

 長期収益商品:低い
 短期収益商品:高い

 

 

・安全性(資本元本が回収できるか)

 

 長期収益商品:高い
 短期収益商品:低い

 

 

 長期収益商品:長期に渡り小額ではあるが利益を確保でき、安全性が高いのが魅力

 

 短期収益商品:瞬間的に高額利益を得られる可能性が魅力だが、安全性は低い

 

 

 

次に、長期収益商品の中のマンション投資と普通・定期預金と個人年金、国債を比較してみます。

 

 

・利回り(保証体制)

 

 マンション投資   :5%前後(サブリース契約)
 預金、年金保険、国債:1%未満(市場次第)

 

 

・リスクヘッジ(確実性)

 

 マンション投資   :あり(団体信用生命保険)
 預金、年金保険、国債:なし(ペイオフ1,000万円まで)

 

 

・実用性(現物資産)

 

 マンション投資   :あり(使用可能)
 預金、年金保険、国債:なし(権利のみ)

 

 

レバレッジ効果(借入商品)

 

 マンション投資   :あり(提携ローン)
 預金、年金保険、国債:なし(全額自己負担)

 

 

 

同じ長期収益商品でもいくつかの違いがあることがわかります。

 


マンション投資が上手くいく秘訣は物件にあり!

マンション投資は、インカムゲインが重要ですが、

その為には、空き室が出ない投資戦略をたてる必要があります。

秘訣は沢山あるのですが、詳しくはこちらのサイトに登録して物件をじっくり眺めてみてください!

ヒントは沢山隠されていますよw

なぜオススメ物件?